Exam:PL-400 Microsoft 認定資格:Power Platform Developer Associate を取得しました。

はじめに

先日、Power Platform のMicrosoft認定資格のPL-400 を受けて無事合格しました。
PowerPlatformのApps系は5つ全部取得できました!

PL-600(最上位) 、PL-400 、PL-200 、PL-100 、PL-900 
※PL-300(BI)、PL-500(RPA)はいつの日か。。ひとまずはこれで落ち着きます。

以下の記事でPL-600をベースにした認定試験の概要や対策を記事にしていますので、
試験概要や基本的な対策、Open Book機能などについてはこちらご参考ください。

本記事では取得できたご報告と試験内容の概要の紹介になります。

PL-400 Power Platform Developer Associate について

以下抜粋ですが、主にPower Platformの設計、開発、他システム連携やプロ開発者としての知見などが問われるイメージです。
以下公式の抜粋です。
Pl-200 がコンサルタント向けなので、PL-400 はより開発者向けの内容となる感じです。
PL-100も開発系ですがPower Platformの知見やローコード開発までという感じで、こちらはAzureや他システムとの連携や開発なども含まれた、より大規模なシステム開発での知見を問われるイメージです。

試験 PL-400: Microsoft Power Platform Developer – Certifications | Microsoft Learn

試験概要

他の言語C#やJavaScriptなどの実装面の設問も一部出たり、PCFやAzure Functionの概要や作成手順などが出てきたりもします。後は通常のDataverseの設計や機能(リレーション関連など)、Power Automateやワークフローなどでなにを使うかなどです。
特に割合が多いのがプラットフォームの拡張で主に、プラグイン、カスタムコネクタ、Azure FunctionやDataverse Web APIなどを使ったプロ開発の知見が問われます。

  • 技術設計を作成する (10 – 15%)

  • Microsoft Dataverse を構成する (15 – 20%)

  • Power Apps を作成および設定する (10 – 15%)

  • ユーザー エクスペリエンスを拡張する (10 – 15%)

  • プラットフォームを拡張する (35 – 40%)

  • 統合を開発する (5 – 10%)

ただ、これらを全部熟知してから望むまでの必要はなく、Learnなどで学べる概要の把握や構成の手順などのレベルである程度解けるかとは思います。
かくいう自信も元々プログラマとしてC#、JavaScriptなど開発経験はありますが、Power Platformにおいてのプロ開発と言われる分野は概要レベルの知見までで実務ではそれほどやっていません。
(今後やらなきゃいけなくなるかもですが。。)

試験対策

試験の問題数、時間は 45~50問くらい。100分での回答となり、PL-200 や600と同様です。
合計1000点のうち700点以上で合格です。


全般的な試験対策やOpen Book機能についてはPL-600の記事をご参考ください。
Exam:PL-600 試験対策! Microsoft 認定資格:Power Platform Solution Architect Expert を取得しました。 | Power Apps Tips ログ (youseibubu.com)

他の試験と同様に以下の感じでしょうか。

・学習ガイドで範囲の把握

・PL-400の試験ページの下に出てくるラーニングパス (Learn)を一通りやる
 →関連する機能に絞ったほうが良いと思います。基礎的なものや把握済みのもの以外を中心に。

・PL-400の試験ページに出てくる「無料の練習用評価を受ける」
 →そのままの問題はほぼ出ませんが、練習や間違った箇所の知見を深める目的で使えます。

・無料の受験対策セミナーを受ける (オンデマンド)
 →6時間ほどだったかと。1.5倍速くらいがおすすめ。
  過去問もいくつかありますしそのまま試験に出たりもしました。

PL-400 受験対策セミナー ~ Microsoft Power Platform Developer ~ (2022年10月)

・過去問題集をやる
 →会社で買ってくれる、余裕があるのであればこれをやり倒すのも良いと思います。
  結構そのままの問題が出たりします。

★PCFやプラグインを構成する際の手順など、そのまま手順がDocsに載ってたりしますので、
Open Book機能をより活用できました。機能名などでそのまま検索して該当ページにたどり着きましょう!

おわりに

今回はMicrosoft認定試験で残っていたPL-400を無事合格できたので、概要など記事にしました。
より全体的な試験概要や対策などはPL-600をベースにした記事をご参考ください。
ひとまず目標としていた認定資格は取れたので、これで一旦落ち着けます。それでは。

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

ヨウセイ

ヨウセイ

一般職からSharePoint、C#、.NET系技術者へ、そこからPower App、Power Automate技術者へと転身。 ワンランク上のおっさんはPower Appsでシステム開発が出来る〜! qiitaや自社HPでも技術ブログを書いていました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CONTENTS